JAZZを聴きながら夢見心地

好きな音楽を聴きながら深い眠りに

眠る時には音がしない静かな場所で眠りたいと思うでしょうか?私がちょっと変わっているのかもしれませんが、普通に好きなジャズを聞いている分には問題ないのです。しかしながら、週末などに家でお酒を飲みながらジャズを聞いていると、本当にいい気分になりいつの間にかウトウトと眠りについてしまいます。その感覚は非常に気持が良いのです。

気持よく眠るためにはそういった環境も必要ですが、あとは物理的なものも大事ですね。もちろんベッドや布団、そして枕です。特に枕はここ最近重要性が見直されてきています。高さのわずかな違いで、骨格に与える影響が変わったり、首への負担が変化したりと。

眠っている間に負担が蓄積さていくのは嫌なものですよね。大手デパートに行くと枕の専門コーナーがあり、高さはもちろん中の素材、外側の枕カバーの材質に至るまで細かく自分にあった枕をオーダーすることが可能です。その場で実際に寝て調整してみて、持ち帰って1週間程度試せるサービスもあります。それであれば自分にあった枕をきちんと探せそうですね。

空気を編みこむ枕

空気を編みこむとはどういうことでしょうか。実は細い化学繊維が幾重にも編み重なり、それがクッションの役目を果たしているというエアウィーヴ(airweave)の枕があるのです。首から頭にかけてフィットして、これぞ理想の枕という感じです。もちろん高さの調整もできますし、枕の反発も気持ちのよい水準に調整されています。

浅田真央さんが、スケート大会の海外遠征にこの枕やシートを持って行くということで話題にもなりました。プロの選手も愛用する枕であればそれなりの信用があるのではないでしょうか。機会があればぜひ一度試してみて下さい。


since2012Copyright © 初めてのJAZZ | JAZZ for beginners